SSI掲示板

話題自由な掲示板です。どなたでもお気軽にどうぞ!
但し、当サイトに関係ない内容や趣旨にそぐわない投稿、営利目的等の書き込みは、
管理者の判断で勝手に許可無くあっさり無慈悲に削除します。ご了承ください。
スパム対策にAkismet入れました。引っかかるーって方はお知らせくださいマシ。

No.457への返信

タイトル
名前
メール
Web
img   JPG GIF PNG 300kb未満
メッセージ
パスワード
cookie
 

17-18第5回JSBA バッジテスト

17-18第5回バッジテスト
開催場所 奥中山高原スキー場
開催日  3月11日
天候   快晴
検定員  長根  阿部

雲一つない快晴の中スクール第5回目となるバッジテスト開催いたしました。
朝一番は締まった最高のバーン状態でした。
気温が高くなる予報でしたので、午後の検定本番ではザクザクの春雪を予想しながら刻々と変化するバーン状況の中、午前中の事前講習を行いました。
検定本番では予想通りの雪質・バーン状況になりました。
今回受験者の方々の滑りを拝見させて頂いての感想は、皆さんエッジにたより過ぎながら滑走しているなと感じました。
JSBA のバッジテストはカービングターンとなってます。『カービング=エッジに乗る』と考えていらっしゃる方が多いかも知れませんが、必要以上にエッジにのり過ぎると春雪や新雪のようなエッジホールドのあまりない状況では足場が定まらないためバランスを崩しやすくなります。
足のかかとに乗りエッジを使うというよりは、足の真ん中(つちふまず)の辺りに自重を乗せるイメージを持って板の面全体を使って乗って行けるとバランスを崩すリスクも少なくなり、ストレート軸にも乗れるしポジションも良くなり、余裕を持ってターン出来るようになると思います。
ズレを少なくする事がカービングになっていくので、どんな状況下でもそれを意識して滑走してみて下さい。

今回は残念ながら合格者0でした。
印象としては、まだ春雪に馴れてないうえに急激なバーン状況の変化に対応しきれなかっただけだと思います。
春雪に馴れるだけでまた結果も違って来ると思います。
これからはほとんどが春雪です。これからがさらに上手くなる時期ですので、いろいろ考えて試しながらスノーボードしてみて下さい。

受験者の皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。

3/25奥中山高原にて追加バッジ開催いたします。
[No.457] 投稿者:ながね  (2018/03/15 Thu 11:50)